ものを長く大切に使うことは
  人に優しく、地球にやさしい。

東海建設の環境事業部では、
2003年からメンテナンス事業の一環として、
土木構造物や建築構造物のケアをスタート。
コンクリート補修や洗浄事業を展開しています。

■コンクリート補修工事

断面修復工(乾式・湿式吹付・左官)

○乾式吹付の場合
プレミックスモルタルの為、現場でのミキシング作業が一切不要であり、
粉袋モルタル投入後、すぐに吹き付け作業が可能です。
厚付け(最大100mm)ができて、搬送距離は水平で200mまで可能です。

・中性化・塩害に対して高耐久性
・圧縮強度60N/mm2、付着強度2.2N/mm2
施工スピード例)100m2/5cm厚→乾式8日/湿式17日

*その他 ひび割れ圧力注入(エポキシ樹脂)、表面保護工(含浸材)


ひび割れ圧力注入

下地サンダー掛けを行い、クラックを挟み込むように
45度方向でクラック内部を貫通するようにドリル穿孔を行います。
穿孔箇所にパッカーを打ち込みます。シール材を付け、補修材が漏れるのを防ぎながら、
補修材を注入。安定したらシール材を撤去し、最後に表面仕上げをしたら完了です。


表面保護工(浸透性吸水防止材)

・シラン系ジェル状含浸材(シラン系浸透性吸水防止材)は、
寒冷地特有の融雪材や凍害に対する抑制効果があります。
また、水蒸気透過率に影響しません。
・含浸材は、防水材では無く撥水効果を助長するもので塗布後は、
無色透明のため、その後の点検時には目視で状態を観測できます。
・ジェルによる含浸深さは、10㎜。

■ウォータージェット洗浄

既存塗膜高圧温水剥離

従来、既存外壁塗膜は建築物の改修工事などで剥離剤やサンダーケレン等の工法で
剥離していましたが、近年では環境にやさしい工法として
高圧温水剥離工法が採用されています。
50MPaの圧力に温水を併用することにより、
リシン面の既存塗膜や吹付タイル面を温水だけで落とすことが可能です。


play 詳しい動画を見る



打ち継ぎ面処理(レイタンス処理)

生コン打設後、1〜5日程度無処理で放置してからでもレイタンス処理が可能です。
1〜50MPaの圧力をコンクリート強度に合わせた圧力に調整し処理します。
また、温水併用タイプの為、コンクリート内部温度により近い温度の温水で
施工することによりコンクリート特有の初期ひび割れを抑制します。


play 詳しい動画を見る


ウェットブラストによる鋼材の目粗し

ウェットブラストによる錆落とし及び目粗しは、水と硅砂を併用する為、
粉じんのない施工が可能です。
また、硅砂の種類を変えることにより目粗しの程度を替えることができます。
鋼材に水を噴射すると、鋼材は腐食しますが、
使用する用水に仮防錆材を混ぜると腐食を抑制できます。

*その他 既設コンクリート打継ぎ面の目粗し、排水性舗装目詰まり洗浄、
平板インターロッキング洗浄、建設機械等の洗浄



play 詳しい動画を見る

■芝式駐車場工法

植生の特性を生かし、踏みつけても傷まない芝地(緑地)を作ることができます。
アスファルト舗装とは違い、緑を増やすことで、
CO2の削減、地球温暖化の抑制に貢献することができます。
公園などの公共施設、また商業施設や一般住宅などにも取り入れられています。

■超薄型電気式床暖房

本体の厚さが0.5mmと超薄型設計の床暖房です。
業界初の速熱型面状ヒーターの採用により約30分で27℃の快適温度まで上昇します。
また通常、パネルの欠点といわれる温度ムラも、制御装置が温度や消し忘れなどを
常時チェックしているので省エネとしては勿論、安全面からも安心してお使いいただけます。


play 詳しい動画を見る

ページトップへ